今日から看護師として働くことになった方は、慢性疲労にかかったときにどうすればいいのか考えていますか。
これから毎日のようにハードワークをするため、慢性疲労と上手く付き合っていくことを意識しなければいけません。
シフト変更に伴って慢性疲労が増していくことを想定して、今から慢性疲労に負けないように体力作りを始めるといいかもしれません。

定年退職を迎えたベテラン看護師は、今まで慢性疲労と戦い続けてきたことを懐かしく思うことがあるかもしれません。
ハードな仕事をしている以上、慢性疲労にかかることは致し方ないと思っていて、患者を救いたい気持ちが慢性疲労を乗り越えたとのではないでしょうか。
看護師としての誇りがあったからこそ、長く働き続けられたと感じています。
長い勤続年数の中で、看護部長から何度かシフト変更を頼まれたことを思い返していき、充実した看護師ライフであったことを深く感じ入るのです。
新人時代から慢性疲労に負けない心を携えていて、患者を第一とした看護実践をしたい一心が今の自分を作り上げてきたことを実感しています。
患者に献身的な看護をするべきだという揺るぎない信念が沢山の患者を救うことにつながったのです。
ベテランとしての自尊心の高さが慢性疲労を度外視しているように感じられてきます。
自己犠牲をしようとする気持ちの強さが、ベテランの地位を築くことに発展したと言えるのです。
慢性疲労を抱えても看護の道を歩みたい意志の強さが、看護師を看護師たらしめていったのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です