看護の仕事が忙しいほど、その仕事に対して時に辛く感じる看護師もいるのではないでしょうか。
その一方で、その忙しさが看護の仕事をする上での発破掛けになると、ポジティブに気持ちを切り替えている看護師もいると思います。
仕事の忙しさが自分を追い込んでいくほどに、何が何でもその仕事を終わらせてみせる!といった気合を自分に注入したりすること、ありますよね。
仕事が忙しいとどうしても精神的に余裕が無くなり、つい周りの人に八つ当たりをしてしまうという人もいるかもしれません。
人は忙しさを感じたとき、その状況を打開するために知恵を絞り仕事に対して攻撃性を持つことで、なるべく早くその仕事を終わらせていこうと努めていくので、どうしてもおおらかな気持ちで仕事をすることが難しくなるのは無理もないことです。

今、仕事の忙しさによる看護師の慢性疲労が問題となっています。
看護師の夜勤や残業、人手不足による個人の業務負担の増加などにより、忙しさに拍車がかかっているのです。
また、人の命を扱うという点から他の仕事よりストレスが溜まりやすくなります。
こういったことが原因で、退職を決意する看護師も少なくありません。
退職する看護師がいれば、残った人の業務負担がまた増えます。
そうなれば、慢性的な人手不足と慢性疲労が深刻化する悪循環です。
看護師の人手不足と慢性疲労を無くす為にも、病院側は早急な対応が求められているのではないでしょうか。
看護師の慢性疲労について、詳しくは・・・・・>看護師のための慢性疲労対策協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です