慢性疲労にかかっている看護師は、以前に慢性疲労にかかっていた同僚からのアドバイスを貰うことがあると思います。
どのようにして慢性疲労を克服したのかを知りたくて、自分に合った慢性疲労の解消法が聞けることを期待しています。
もしその解消法で慢性疲労が解消できたならば、今度は自分が慢性疲労で悩んでいる同僚にその解消法を伝授したいと思っているのです。

シフトを見直すことで、慢性疲労が軽くしようと考えている看護師が少なくないでしょう。
シフト変更を機に自分に合った働き方をすることで、少しでも慢性疲労が楽になるのではないでしょうか。
看護師を増やすことで、シフトの見直しがしやすくなるのではないでしょうか。
加えて一人の看護師が看取る患者の数を減らすことで、過度な労働によって体に負担が掛からないため、慢性疲労にかかるリスクを減らせます。

慢性疲労を治すことを悲願にしている看護師が居ても不思議ではなくて、疲れ知らずな体を手にしたいと切に思っていませんか。
慢性疲労が解消すれば、絵に描いたような看護師ライフが送れるようになると信じています。
過度な労働さえしなければ、ストレスを感じることのない日常になっていくことと思います。
体力の限界を超えずに仕事ができるかによって、看護師人生が大きく変わっていくと言っても過言ではありません。
慢性疲労にかからないために、自分に合った働き方をする必要があります。
理想的な労働が自分の身を救っていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です