慢性疲労にかかっている看護師は、慢性疲労から抜け出すことでかつての自分を取り戻せるはずだと信じていることでしょう。
慢性疲労に打ち勝とうとする気持ちを強く抱いていて、慢性疲労に負けるはずがないと思っていると思います。
看護業務にやりがいを感じているため、慢性疲労にかかっていても看護師であり続けたいと願っている人も多いと思います。
今の仕事をやり通そうとする意地を貫きたいのが読み取れて、たとえ看護部長からシフト変更を言い渡されても仕事を続けるつもりでいるのではないでしょうか。
看護師としてのプライドが慢性疲労を乗り越えようとする想いに昇華させていき、患者への高度な看護実践につながっていきます。

夜勤から日勤にシフト変更をしたときに、夜勤から解放されたことを肌身に感じている看護師が少なくないでしょう。
夜勤をしたのが原因で発生した慢性疲労が少しは軽くなることを期待していて、日勤が救いの手だと思えてくるのです。
願わくばこのまま日勤が続いてほしいと考えているのが窺えて、日勤者になることで生活習慣が改善され慢性疲労が治ることに期待している人もいると思います。
ややもすれば日勤者になりたい旨を看護部長に伝えると考えられて、日勤への憧れを強く抱いていることを窺わせるのです。
日勤が日の当たる場所に連れて行ってくれそうな気がしていて、希望そのものだと感じていませんか。
日勤が自分を瑞々しくしてくれることを信じていて、心のオアシスだと捉えているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です